雨の日と晴れの日と曇りの日

rainfain.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第16回リバーフェスタinみくま川 その4

7月15日(金)の議事録より

出席者/JC(2名)・ストリームひた(1名)・YEG(1名)・聖陵会(2名)・チャイルド(1名)・水資源機構大山ダム(1名)・国交省(1名)・日田市 水郷ひたづくり課(2名)・日田市 観光ツーリズム振興課(1名)・事務局(タカクラ)

1.森下実行委員長挨拶
みなさん、お忙しい中、またお暑い中、ご出席ありがとうございます。今日を含めて45日となっております。また、お盆を含めると1カ月くらいしかありません。各自準備を宜しくお願いします。

2.前回の議事録振り返り
  開催日 8月28日(日)
  事前に配布した議事録をご確認下さい。
  案内は、メールまたは直接お届けをしています。手元に届いてない場合は事務局までお知らせ下さい。

3.第15回決算報告
  本日、事務局の野木君が仕事で欠席のため、次回の会議時に報告いたします。

4.アトラクション+企画書提出について
  日田青年会議所
   すべってドボ~ン ウッディすらいだぁー
    丸太を使用して手作りのすべり台を作製。
    すべり台の出口を川面より1m上に設置し、すべりおりたところで、川にドボンと落ちるようになる。
  日田商工会議所青年部YEG
   ペットボトルカヌー→ペットボトルボートへ名称変更
    試作品を作製し、カヌーよりボートへ名称変更。
  聖陵会
   救護
   ドリンク販売→ドリンク200本用意(内訳は昨年を基本に)
  交流ボート大会(JCOB+水環境ネットワークセンター)
   前々日から、準備をします。(ボート運搬→組み立て→補修)
   受付窓口は前回同様。
   当日はスタッフが15名~20名程度必要となります。
    受付2名・ライジャケ係4名・乗船誘導6名・スターター係・タイムキーパー
    司会・救助係3~4名
   各団体は、こちらの手伝いができる人数と名前を事前にお知らせ下さい。
  グーフィー
   今回は、バナナボートなどのアトラクションはできません。(7/29)
  ※企画書が必要な団体は事務局までお知らせ下さい。

5.屋台村について
グーフィー(加藤)/さくら食堂さんから問い合わせがあった。(7/29再確認)

6.広報について
  日田じゃらん・にしてつニュース
   掲載されました。
  日田市報
   7月最終週に水郷ひたづくり推進課へ写真データ送付
   本日決定したアトラクション掲載予定
  リバーフェスタチラシ
   本日、出そろったアトラクションを加えたいと思います。

7.準備物について
  いす30脚+テーブル→水郷ひたづくり推進課(昨年同様)
  テント→チャイルド(昨年同様)
  当日の階段設置+クレーン→事務局 野木
  市長挨拶依頼→水郷ひたづくり推進課を通してお願い?(昨年までは市長を訪問)

8.その他+各団体よりお知らせ(自己紹介含む)
  商工会議所青年部(河野さん)
   ペットボトルボート用のペットボトルを回収しています。(キャップ付き)
   御連絡いただけましたら、回収に行きます。
  事務局より
   公園使用許可についてですが、先日、水郷ひたづくりさんが申請したところ、
   三隈川公園は、すでに使用申請がされていました。当日、ライブが行われるようです。
   事務局から、ライブ開催担当の方へ連絡をしました。お互い協力し合いましょうということで
   お話をしています。(事前のチラシ配布、当日の対応など)
   観光ツーリズムさんへ、当日の高校生ボランティアの募集をお願いします。

9.次回の会議
  8月8日(金)19時~ あさぎりの館
  事前準備の内容について

10.閉会の言葉(森下実行委員長)
  お疲れ様でした。みなさま、協力してやりたいと思います。次回は8月8日です。
  だんだん、開催日もせまってきました。どうぞ、宜しくお願いします。
  本日は、ありがとうございました。

その他、追加(議事閉会後)
開催運営費について
チラシへ広告掲載など可能か?協賛などの検討が必要。
[PR]
by uk-jp | 2011-07-30 12:11 | お知らせ

日田で軽トラ市はじまる!

日田でも軽トラ市はじまりました!
b0061732_1262020.jpg
b0061732_1261172.jpg
b0061732_126236.jpg

現在、全国あちこちで開催されている軽トラ市。
九州では、宮崎のトロントロン軽トラ市(川南町トロントロンストリートで毎月第4日曜日に行われる軽トラ市。)が、有名です。
日田近辺でも、別府や福岡の糸島、熊本の菊池など、さかんに行われています。
日田でも、軽トラ市をやろう!と言う声は、聞いたことがあったのですが、
今回、パトリア日田の前で開催されるということで、行ってきました。

初めての軽トラ市ということで、どのくらいの店舗が集まるのだろう?と思いましたが、20軒弱。
他と比べると少ない感じでした。
また、みんなテント。軽トラじゃない(笑)
あと、右が左に、整列して並んでもらえると歩きやすいのにな~なんて思いながら、
野菜・魚・ジュートのバックをゲットしました。

また、日田の軽トラ市に行った後、菊池へ行きました。
軽トラ朝市には、間に合いませんでしたが、行った方達にお話を聞くと、今回は出店が少なかったとのこと。
実はそれでも、50軒もあるのです。(多いときは120軒ほどあったとか)

この他、日田では寿通り商店街の空き店舗を利用して、毎月第一・第二日曜日は津江の野菜などを売っている朝市も開催されています。
(なかなか行くチャンスがない!!)
店の人と話ながら、お買物をするっていうのは、ほんとに楽しい。
先日、行った天草高浜のもちより朝市も楽しかった。(こちらは、いろんな意味で楽しめる朝市なんです。)
あとは、この時間にあわせて、商店街やまちにお客さんがウロウロするようになるといいですねぇ。

~日田ラボよりお知らせ~
8月3日(水)19時~
第6回 ご隠居カフェまちづくり交流研究会
市民参加型まちづくりワークショップの原理と手法を学ぶ-1」


8月31日(水)19時~
第7回 ご隠居カフェまちづくり交流研究会
 日田ラボ夏の音楽祭~日田ラボと音楽と残暑を楽しむ夕べ~

9月14日(水)18時~ パトリア日田ギャラリー
第8回ご隠居カフェまちづくり交流研究会
 「日本全国スギダラ倶楽部の活動とスギの可能性」
 講師:日本全国スギダラケ倶楽部

10月5日(水)19時~
第9回ご隠居カフェまちづくり交流研究会
 「市民参加型まちづくりワークショップの原理と手法を学ぶ その2」

11月9日(水)19時~
第10回ご隠居カフェまちづくり交流研究会
 「バリ舞踊公演」~日田ラボで楽しむバリの芸術~
 講師:小谷野哲郎ほか

2012年3月11日(日)パトリア日田小ホール
第11回ご隠居カフェまちづくり交流研究会
シンポジウム「地域再生の3つのてがかり~文脈・矜恃・紐帯~」
 パネリスト:藤原惠洋ほか

日田ラボに、こんなものがあったらイイナ★
近所をぐるっと散策できる自転車!
みんなで懇親会をする時の準備に、お鍋!
たまにご飯を炊きたいので、炊飯器!
割り箸じゃなくて、お箸!
暑いときに・・・うちわ!
コーヒーメーカがあるとコーヒーが飲めるなぁ・・・・
など、なんとなく、待ってます・・・(^^)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
◆日田ラボの場所/
 「旧横尾家 下の隠居家(シタンキャ)」
  日田市三和天神町252 ※旧街道沿いの建物です。(天神郵便局斜め向かい)
◆主催・お問い合せ
 Q大日田ラボ/九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室
  電話・FAX 092-553-4529
  keiyoあっとまーくdesign.kyushu-u.ac.jp
 まちそだて交流機構・日田ラボ/タカクラ 090-2395-4593
  kako3あっとまーくlime.ocn.ne.jp
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[PR]
by uk-jp | 2011-07-24 20:00 | 都市景観・まちづくり

第5回ご隠居カフェが開催されました!

7月13日(水)第5回ご隠居カフェまちづくり交流研究会が開催されました。
今回のテーマは、「欧州世界を蘇らせる創造都市の魅力」。
b0061732_1514567.jpg

現在、藤原惠洋先生の九州大学大学院の授業にて「芸術・文化環境論~ブラウンフィールドからクリエイティブシティへ~」と題してグループワークを展開中ですが、今回のご隠居カフェもこれにリンクしたお話でした。
ブラウンフィールドとは、「土壌汚染の存在、あるいはその懸念から、本来、その土地が有する潜在的な価値よりも著しく低い用途あるいは未利用となった土地」のことを指しますが、ここでは、「以前は繁栄していた土地・地域が産業の衰退などにより人口の減少などで荒廃している地域」と言った意味で使われています。
欧米、特にヨーロッパの各地は産業革命以降、炭坑産業など工業が盛んだった都市などは大いに栄えました。しかしエネルギーの転換などで衰退。では、そこでどのような再生を目指したか?というのが、今回のテーマです。
1.産業の残骸を壊してまっさらにし、いちから都市を造り直す?
2.産業の残骸を「残骸」と見ず、文化資源としてを活かし直す?
b0061732_15143439.jpg

b0061732_15144742.jpg

現在の日本では、「地域再生事業・再開発」という名のもと、もともとあった町並みや産業を無かったものとして、新しいまちを作り直している地域が多いです。
しかし、ヨーロッパでは、そのブラウンフィールドであった都市を「地域固有の文化資源」として見事に再生している都市が多く存在します。
その都市を創造都市=クリエイティブシティと呼びます。

今回は、実際の都市のいくつかを、どのように再生していったかの話でした。
昨年、藤原惠洋研究室の夏の欧州踏査で訪れた都市(フランスのナント、アヴィニョン、スペインのバルセロナ)は、すべてクリエイティブシティと呼ばれ、文化や芸術を取り入れながら、再生していった都市です。
フランスのナントは、かつて貿易や造船で栄えた町でしたが、70年代より港が移動したことなどで衰退していきました。1989年に市長に就任したフランス社会党のジャン=マルク・エローが文化政策を軸に都市を再生していきました。
その代表的な事例が、造船所跡地を技術者ごと活用した「ラ・マシン(La Machine)」(機械を作ると同時に動かすパフォーマンスをするフランスのカンパニー)やビスケット工場跡地をアートスペースとして再生した「リュー・ユニック(Le Lieu Unique)」です。
また、アヴィニョンは、人口約9万人の地方都市において世界最大の演劇フェスティバルを開催しています。
どの都市も、市民と時間をかけて、文化資源を活かして再生していったものです。

この都市の真似をしよう!というわけではありません。
日田で演劇フェスティバルをしよう!とか、工業跡地をアートホールにしてしまおう!というわけではありません。
日田は日田の良さがありますので、性急に創造都市にしようとしても無理があります。
しかし日本でも横浜市や金沢市のように、文化施策を取り入れながら都市計画をしている地域もあります。
今まであったものをリセットして、いちから都市を造るというものではなく、
文化資源を見つめ直し、磨き直していくことが大切だという話でした。
それは、第1回目のご隠居カフェから出ていた「文脈・矜持・紐帯」そのものです。
言葉は少々難しいですが、地域の歴史を寸断してしまってズタズタにしてしまうと、取り返しがつきません。
これまでにこの地域はどんな歴史を歩んできたのか、どんな人々が住み暮らしていたのかを知らなければいけません。
そして、現在住んでいる人たちの矜持(プライド)を大切にしていき、
さらに、人と人、コトとヒト、モノとヒト、歴史とヒトなどを繋いでいくか、、、、
それが、再生した欧州の都市には活かされています。
b0061732_15153567.jpg

とっても単純だけど、なかなかシンプルにたどり着けません。
今回のご隠居カフェも、「ん~日田はどうだろうか?」と考えさせられるお話でした。

次回の第6回ご隠居カフェまちづくり交流研究会は、
8月3日(水)19時~
市民参加型まちづくりワークショップの原理と手法を学ぶ-1」
お楽しみに!


さらに続々と続くよ
ご隠居カフェまちづくり研究交流会の今後の予定・・・
8月31日(水)19時~
第6回 ご隠居カフェまちづくり交流研究会
 日田ラボ夏の音楽祭~日田ラボと音楽と残暑を楽しむ夕べ~


9月14日(水)18時~
第7回ご隠居カフェまちづくり交流研究会
 「日本全国スギダラ倶楽部の活動とスギの可能性」
 講師:日本全国スギダラケ倶楽部

10月5日(水)19時~
第8回ご隠居カフェまちづくり交流研究会
 「市民参加型まちづくりワークショップの原理と手法を学ぶ その2」

11月9日(水)19時~
第9回ご隠居カフェまちづくり交流研究会
 「バリ舞踊公演」~日田ラボで楽しむバリの芸術~
 講師:小谷野哲郎ほか

2012年3月11日(日)パトリア日田小ホール
第10回ご隠居カフェまちづくり交流研究会
シンポジウム「地域再生の3つのてがかり~文脈・矜恃・紐帯~」
 パネリスト:藤原惠洋ほか


日程は、都合により変更になる場合がございます。
参加料/無料

日田ラボに、こんなものがあったらイイナ★
近所をぐるっと散策できる自転車!
みんなで懇親会をする時の準備に、お鍋!
たまにご飯を炊きたいので、炊飯器!
割り箸じゃなくて、お箸!
暑いときに・・・うちわ!
コーヒーメーカがあるとコーヒーが飲めるなぁ・・・・
など、なんとなく、待ってます・・・(^^)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
◆日田ラボの場所/
 「旧横尾家 下の隠居家(シタンキャ)」
  日田市三和天神町252 ※旧街道沿いの建物です。(天神郵便局斜め向かい)
◆主催・お問い合せ
 Q大日田ラボ/九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室
  電話・FAX 092-553-4529
  keiyoあっとまーくdesign.kyushu-u.ac.jp
 まちそだて交流機構・日田ラボ/タカクラ 090-2395-4593
  kako3あっとまーくlime.ocn.ne.jp
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[PR]
by uk-jp | 2011-07-21 15:21 | 日田ラボ
line

いろんな毎日


by uk-jp
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30