雨の日と晴れの日と曇りの日

rainfain.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

第4回ご隠居カフェ開催されました!!

6月29日(木)19時~
第4回ご隠居カフェまちづくり交流研究会
  「まちづくり資源としての文化財から文化資源へ
       ~旧横尾家下ん隠居家を事例として」
講師:藤原惠洋

無事に第4回ご隠居カフェ開講されました。
今回は、まちづくり資源としての文化財から文化資源へというテーマでした。
藤原惠洋先生の話は、旧横尾家の建物の歴史・配置・建築年・建物の役割・構造物の内容、
さらに、この建物が支えてきたまちの歴史などでした。
b0061732_17491885.jpg

b0061732_17493270.jpg

建物の話が中心でしたので、内容は少々専門的なものでした。
横尾家の建物のことは、この期間、建物の材料(シタンキャは欅普請であるとか)や床の間(女性的なものになっているとか)の意味についても何度も繰り返し聞いてきたのですが、毎回よくわかりません。
何故、この床の間の格式が高いのかと言われても、「???」なのです。
しかし、建物を建てる時、「こんなところにこだわりたい」というのが、あるのだということが、わかってきました。
それは、「リビングや子ども部屋、寝室の間取り」や「収納があると便利」などのこだわる現代の住宅事情とは少し違うようです。

たとえば、主家の奥座敷のお床と脇床。
その間にある狆潜り(ちんくぐり)や、脇床の違い棚、天袋、地袋、書院の仕様、細部までどれも意味があるようなのです。
そこでどんな暮らしをするのか、どんな営みを生み出したいのか、建物の隅から隅まで「形式だから」というだけではない、住む人の生き方を映すものなのだと感じました。
そして、そんな旧横尾家の建物が、ここに存在し、周りに与えてきた影響というものもとても重要なのだと感じ始めました。
人が家に住む。
それだけの関係ではありません。
建物は住む人を支え、地域を支えていきます。
そして地域は、その建物を支えていくのです。
「古くて貴重だから文化財」というわけではありません。
そこに人の営みや歴史があるから、文化資源になり、とても重要なのです。
日田ラボが、ここで開所されたのは、こういう背景や物語があるからなのです。
b0061732_1750096.jpg

まちをそだてていくということは、
きっと日々の暮らしを丁寧に見つめていくということではじめてできてくることなのかな・・・と

こういう感受性をもつことで、次の「まちづくりの方法論」などを学ぶと、案外すんなり理解できるのではないかと思いました。

次回、第5回ご隠居カフェは、
7月13日(水)19時~
「欧州世界を蘇らせる創造都市の魅力」です。
どうぞ、お楽しみに。
[PR]
by uk-jp | 2011-06-30 17:49 | 日田ラボ

第16回リバーフェスタinみくま川 その3

今年のリバーフェスタinみくま川の第2回会議が開催されました!

6月24日(金)の議事録より
出席者/JC(2名)・ストリームひた(1名)・YEG(2名)・聖陵会(1名)・チャイルド(2名)・水資源機構大山ダム(1名)・国交省(1名)・日田市 水郷ひたづくり課(2名)・日田市 観光ツーリズム振興課(1名)・たかまnet(1名)・事務局(タカクラ)

1.森下実行委員長挨拶
みなさん、お忙しい中、またお暑い中、ご出席ありがとうございます。今年は、例年より実行委員会の立ち上がりも1カ月ほど早くなっております。事前準備をしっかりしてリバーフェスタを盛り上げたいと思います。また、北九州から団体で行きたいという連絡など、すでに問い合わせなどが入っております。観光協会さんからは、TVQの取材があるかもという連絡がありました。こちらは事前取材・撮影になると思いますので、詳細が分かり次第皆さんにも連絡いたします。御協力よろしくお願いします。

2.前回の議事録振り返り
  開催日 8月28日(日)
  事前に配布した議事録をご確認下さい。
  案内は、メールまたは直接お届けをしています。手元に届いてない場合は事務局までお知らせ下さい。

3.第15回決算報告
  本日、事務局の野木君が仕事で欠席のため、次回の会議時に報告いたします。

4.アトラクション+企画書提出について
  日田市水郷ひたづくり推進課
   水郷ひた絶叫大会(昨年同様)
    ※絶叫する言葉は、自由なものといくつか選択できるものを用意する予定
  日田商工会議所青年部YEG
   ブルーしーたー(昨年同様)
   ターザンロープ(昨年同様)
   ペットボトルカヌー(新規)
    ペットボトルでカヌーを作成。試作品を作ってみて、遊べるようであれば決定。
  チャイルド
   チビッコ広場(昨年同様)
    新しくカズー(楽器)製作
  聖陵会
   救護+ドリンク販売
  水資源大山ダム
   パネル展示を予定

  その他、企画書が必要な団体は事務局までお知らせ下さい。

5.屋台村について
  実行委員会の団体を優先しますが、他に問い合わせがあれば随時連絡を下さい。
  7/15までに出店が決まっていれば、まとめて保健所に申請します。
  ただし、参加団体の中からあれば。15日以降は、各自で申請してもらいます。
  出店の際は必ず保健所に申請すること。飲食店でも屋外での営業する場合、一時許可が必要です。
  グーフィー(加藤)/さくら食堂さんから問い合わせがあった。

6.広報について
  日田じゃらん・にしてつニュース・日田市報・リバーフェスタチラシ
  観光課(牛王)
   日田で発行している「日田じゃらん」の夏号に掲載されます。(手元資料参考)
   市内をはじめ、福岡県内でも配布されます。また、同様に「にしてつニュース」にも掲載されます。
  水郷ひたづくり推進課
   日田市報(8/15)の掲載スペースを確認します。原稿掲載締切は7/15
  事務局
   次回、会議時にリバフェスのチラシレイアウト案を提出します。
   それまでにアトラクションが決定したところがあれば、お知らせ下さい。
   また、7月中に決定→印刷後、8月の登校日前に配布します。
   市内の小学校・幼稚園・保育園への配布に御協力下さい。

7.その他+各団体よりお知らせ(自己紹介含む)
 日田市観光課
  7/23~8/28 おじらん号を運行します。日田―福岡間直行便です。
  ぜひ、ご利用下さい。
 たかま.net
  日田ラボにてご隠居カフェ開催中です。ぜひ、ご参加下さい。
 日田青年会議所
  6/30 まちづくり公開討論会を開催します。
  市長選立候補予定者をパネリストに迎えて、日田市の今後について討論してもらいます。
  皆さんの住んでいる「まち」のことですので、是非積極的に聞きに来て下さい。よろしくお願いします。

8.次回の会議
  7月15日(金)19時~ あさぎりの館
  アトラクションについて
  日田市報掲載・リバフェスチラシ作成についてなど

9.閉会の言葉(森下実行委員長)
  アトラクションの方もだいたい固まってきたと思います。
  次回は、詳細をつめていきますので、よろしくお願いします。
  また、前回までチラシに「ボランティアスタッフ募集」とありますが、これまでボランティアの参加はありましたか?
  (事務局より 川開観光祭では高校生ボランティアの呼びかけをしていますが、リバーフェスタでは積極的な声かけはしていません。)
  もしなければ、是非声をかけたいと思います。
  次世代につなげる意味もありますし、どんな団体がどんなことをやっているのか知って貰うことも必要だと思います。
  よろしくお願いします。
  本日は、ありがとうございました。

その他、追加
交流ボート大会はあるのか?(水環境ネットワークセンターに確認します。)
浮桟橋は必要か?→必要(水郷ひたづくり推進課 前日のユニックの使用を含め確認)
公園使用申請
道路使用許可申請

あめはれメモ
8月は、色々なイベントが開催されます。リバーフェスタの一週前は、「鮎まつり」もあります。
各団体の夏祭りなどもあって、忙しい時期でもあります。
リバーフェスタは、こどもたちの為ということだけではなく、各団体と協力して開催するイベントでもあります。
森下実行委員長が言うように、高校生などにも積極的に参加してもらえるような仕組みも作りたいと思います。
そのためにも、会議に参加している人同士も、仲良くなれるように、何かやらないとな~~。
飲み会もイイですが、その前に、ちょっと打ち解けられるコトも考えてみようと思います。
[PR]
by uk-jp | 2011-06-25 10:47 | お知らせ

ひた宝さがし 6月 全体会

梅雨の合間の、曇り空。湿度も温度も最高です!
もう日本一じゃないの?なんて思ったんですが・・・・・
群馬県 館林 36.5℃(15:02)
大分県 日田 32.7℃
全然日本一じゃなかった・・・・(笑)
あ、でも、群馬県前橋の湿度が31%で、日田は50%。
やっぱり、この湿度はすごいんです。

さて、そんなことは、おいといて。

ひた宝さがし6月の全体会+報告会が開催されました。

①日隈組・月隈組・星隈組の各取材報告
   日田の銘菓 べべんちょの取材報告は、なかなか面白かったです。
   べべんちょというのは、日田の方言で「かたぐるま」という意味です。
   その方言をお菓子の名前にしています。
   ぼんたん飴のような、少し柔らかい飴。甘さ控えめ、優しい味。(1個10円!おさいふにも優しい。)
   私がちいさい頃から、べべんちょさんは存在していて、とくに珍しいものではありませんでした。
   というのも、通っていた小学校のすぐ近く。毎日、通っていた場所にあるのです。
   しかし、日田の人でも案外知らない。
   ご主人のお話は、初めて聞くことばかりでした。
   今のご主人が、日田の地で暮らすコトを決め、修行後べべんちょ本舗を開業したこと。
   ぼんたん飴より固すぎず柔らかすぎず微妙な塩梅で作られていること。
   などなど、知らないことばかりでした。
   おじちゃんに会いに行きたくなりました。
   べべんちょ 食べたくなりました。

   この他、今回は大雨のため、一部取材ができない、
   また日程がずれたため、まとめの会を開催できなかったなどありました。
   しかし、どの取材も楽しくでき、そこから次の取材にもひろがりそうです。
   いくつかの取材の様子は、KCVでも放映されていますので是非見てください。
 
②今後の活動について
   6月10日に運営委員会を開催しました。
   全体整理係り・メンバー拡大係り・イベント係りにいくつか分担しました。
   以下は、係りから出た意見を全体で取り組んでいくものです。

   中間報告会を秋頃に開催できないか?
   ロゴの作成をして、配布できないか?←取材終了後、取材先に贈呈も検討。記念品として。
   ポスター・チラシの作成←8月頃を予定。
           (やってますよの告知・募集・今後のスケジュールを記載したもの)
   HP更新とFBの活用
   メンバー拡大←1日1人宝クチコミ運動・フリーペーパー作成
             振興局+公民館宝巡回展(パネル展示とキャラバン)
   イベントは、8月6日(土)天ヶ瀬七夕祭りにパネル展示+キャラバン予定
   マップ作成←大カテゴリ分類・小カテゴリ分類・二次元分類
             まずは、昨年のパネル作成分に取りかかる
   取材活動・報告会←公開報告会+取材先アンケート送付(まとめペーパー+認定シール同封)

③その他、出席者よりヒトコト
   参加者が減ってきていてサミシイ!!!!!
      (みんな、どこにいるんだ~~~!!たまに来てくれ~~~!)
   懇親会をして欲しい!!(次回、全体会に懇親会をセッティングしました。暑気払いがてらどうぞ。)
   まとめの様式が自由なのは、良い点でもあり、まとめにくい点でもある。
     ←苦手な人へのフォローをかかさずに!
   取材が楽しいよ!っていうのを伝えたいけど、どうしたら??
   KCVなどは、これまで出てない人を積極的に。
   昼の方が動きやすい・夜の方が良いなど、個人のスケジュールにあった活動も考えていきたい
   巡回展はすぐにやろう!特に中心部より旧郡部へ「宝」のインフォメーションを。
   次回、報告会では、今回より一歩二歩進んだ報告ができるようにネジまいていこう。
   振興局だよりの活用はできないか?
   フリーペーパーは、現在のまとめシートに表紙をつけたものでスタートしては?
   ひた宝さがしに出かけてるときは「ニコニコ」して行ってください!!
     (あの人、最近楽しそう・・・何で?←ひた宝さがしやってるらしいよ)
   宝フリーペーパーは病院・学校や道の駅など、いろんなところに置いてもらおう!
   夏休みに向けて、学校へキャラバンへ行こう!(昨年、協力してくれてありがとうも兼ねて)
   HPの古い情報と新しい情報を整理整頓したほうがよい。

など、たくさんの意見がでました。

近々、取材シートを取材先をはじめ、市内各所で読んでもらえるように配布します。
お楽しみに!!

次回、ひた宝さがし全体会+報告会は7月27日(水)です。
[PR]
by uk-jp | 2011-06-23 19:18 | ひた宝さがし

第3回ご隠居カフェ 後編

日田の人は、ほとんど知っている(ハズ)の咸宜園。
でも、なかなか行かない。
さらに、ここでどんな人が学んだのか、ここからどんな人が巣立っていったのか、
そして、実は日本の学校教育の基礎を築いた根本が咸宜園にあったというようなことは、あまり知りません。
案外、観光客の方が知ってるかもしれません。
咸宜園を出て、明王寺さんに立ち寄りつつ(残念ながら、吉水くんは不在)、港町から歴史の小径を通って中城町へ。
ここらへんで、一端お昼休憩。
いつもお世話になります「ごうや亭」さん、前から気になっていました「アラスカンカフェ」、
最近FBでちょくちょく見かける「たかむら」へわかれて、ランチタイム。
美味しく楽しいランチが終わったら、再び豆田の町へ。
クンチョウ酒造酒蔵資料館を経由して、月隈木履、まちの入口にある「庚申様」や「猿田彦」、川の分水地点、
昭和初期の住宅など普段気づきにくいモノをはじめ、精米所のおじいさんにも話を聞きに立ち寄りながら、日田ラボへと戻りました。
b0061732_1429508.jpg


豊後高田から参加してくれた藤原さんの手作りジャムと差し入れの唐揚げを食べながら、休憩。
藤原さんの「スイトピージャム」「山椿ジャム」、まきさんの「きいちごジャム」は、普段出会えない珍しいジャムです。
美しいピンク色したスイトピージャムは、少しほろ苦い大人の味。
濃厚な赤の山椿ジャムは、花がぽとりと落ちたものを丁寧に集めてジャムにしたとか。
きいちごジャムは、つぶつぶの食感がたまらない!
パンにつけたり、ヨーグルトに入れたり、歩いた後のティータイムにはちょうど良いおやつとなりました。

b0061732_1429289.jpg

b0061732_14293642.jpg


さて、そのジャムを楽しみながら、まちあるきの感想を言い合いました。
一番に気になるのは、「車」のこと。
今回は雨だったので、車椅子でのまちあるきは無かったのですが、歩いているだけでも結構危険だったという意見が多くありました。
また、まちの歴史はどうなのかとか、祭りの時の雰囲気は?とか、
なぜ「歩くととても水を感じることができたが、なぜ水郷を(すいごう)ではなく(すいきょう)というのか」
などなど、話は盛り上がりました。

ただ、「観光」という面だけではなく、まちのことを知るためには、色々なモノを見つけることも重要です。
まちの方のお話は、それだけでたちまち「まちの物語」になっていきます。
ここがどんな様子がったのか、どんな人たちが暮らしていたのか、どんな歴史をたどってきたのか、
一度聞いたくらいでは、時間が足りません。
何度も何度も色々な方から、聞き取りをしていくと、もっとまちのことを深く知る事ができそうです。
しかし、ここでちょっと気になることが・・・・・
「ただインタビューをすればよい」わけでないこと。
お話を聞くには、コツがありそうです。
「へぇ、すごいですね。」だけでは話が続きません。
お話を聞くには、こちらも「まち」の下調べをしたり、色々なコトをあらかじめ知っておくことも必要なようです。

日田ラボでは、今後もご隠居カフェの開催とは別に「まちをあるいてみよう」ということになりました。
どうぞ、いつでもご参加下さい。

◆Q大日田ラボ+まちそだて交流機構・日田ラボのスケジュール◆

6月29日(水)午後 7時~
 第4回ご隠居カフェまちづくり交流研究会
 「まちづくり資源としての文化財から文化資源へ
  ~旧横尾家 下ん隠居家を事例として」
7月13日(水)午後 7時~
 第5回ご隠居カフェまちづくり交流研究会
 「欧州世界を蘇らせる創造都市の魅力」
8月 3日(水)午後 7時~
 第6回ご隠居カフェまちづくり交流研究会
 市民参加型まちづくりワークショップの原理と手法を学ぶ-1」

日程は、都合により変更になる場合がございます。
参加料/無料

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
◆日田ラボの場所/
 「旧横尾家 下の隠居家(シタンキャ)」
  日田市三和天神町252 ※旧街道沿いの建物です。(天神郵便局斜め向かい)
◆主催・お問い合せ
 Q大日田ラボ/九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室
  電話・FAX 092-553-4529
  keiyoあっとまーくdesign.kyushu-u.ac.jp
 まちそだて交流機構・日田ラボ/タカクラ 090-2395-4593
  kako3あっとまーくlime.ocn.ne.jp
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[PR]
by uk-jp | 2011-06-21 14:31 | 日田ラボ

第3回ご隠居カフェ 前編

日田ラボ 第3回ご隠居カフェまちづくり交流研究会開催

6月18日(土)午前10時~ ご隠居カフェ開催しました。
雨模様の中、日田市内外から約20名の方が参加して下さいました。

今回は、「まちあるき」を予定していましたが、結構な雨でしたので、
少し予定を変更しつつ行うこととなりました。
b0061732_14313254.jpg

まず、今回初参加という方が多かったということもあり、これまでの振り返りを藤原惠洋先生から。
さらに、KCVで放映された「おはなしプラザ 日田ラボ編」を観ました。
インタビュー時間 約30分だったものを11分間にまとめられていました。
インタビューでは、いくつかポイントが・・・
1.先生から観た日田の人
2.何故日田ラボを開所することになったのか
3.先生と日田ラボの出会い
4.この建物で開所した意味
5.どんなことを展開していくのか
6.どんな方に参加してもらいたいか
あまり、一生懸命観るのは恥ずかしいので・・・次へ・・・。

参加者にはいつもの名札を配布。
今回から趣向を変えて、「○○が得意な□□から参加した△△です」というものを用意しました。
さらに、青とピンクのポストイットを用意。
そこに名前をかいてもらい、
横軸はあなたが10歳だったころ、どんな子供でしたか?活発だった?それともおとなしかった?
縦軸は現在の年齢
を模造紙にペタペタと貼って行きました。

おお~今日の参加者は男女・年齢・どんな雰囲気の方なのか一目瞭然!
そして、活発だった方から、自己紹介へとうつりました。
b0061732_1431236.jpg


今回の「まちあるき」の概略を説明。
お天気だったら、グループに分かれて、いくつかのミッションをさがしながら、まちを歩いていく予定でしたが、
今回は、全員で咸宜園から歩いていくことに。
途中離脱・途中参加で出入りしながら、約4時間かけて咸宜園から天神町の日田ラボへゆるゆると歩きました。

つづく
[PR]
by uk-jp | 2011-06-20 19:47 | 日田ラボ

パトリンク座談会

「パトリンク(若者連絡協議会)」にて、国際交流員ジェンさんのお話を聞く会が開催されました。
国際交流員は、日田市企画課に在籍するので、顔見知りではあったのですが、
彼女の話を聞くというのは、今回初めてでした。

ジェンさんは、韓国出身で7歳の時に家族でニュージーランドへ移住。
ニュージーランドの大学では日本文化を学び、昨年の8月から日田へ。
今回は、外から見た日田、日田とニュージーランドの違いという事をポイントに話をしてもらいました。

日田(日本)に来て、色々と戸惑った「日田弁」!
「~~しちょるばい」
「しるし~」
日本語を勉強してきたはずなのに、知らない日本語ばかり!
勉強が足りなかった・・・と反省したとのこと。
方言集を片手に話をしていて、
たまに「それは、明治時代の言い方ばい」と言われるとか。

日本とNZまちづくりの取り組みの違い
日本には、市民参加のまちづくりが盛んだが、
NZは、環境の為の団体はあるものの、市民生活を楽しくするために活動するグループは見あたらない。
しかもNZの場合は、行政主導型で、市民自らというものはないらしい。

その他、文化ホールでの文化・芸術振興についての取り組みは特にないとのことでした。
また、先住民マオリとの違いや関わりについても、微妙なニュアンスだった。

◆感想◆
これまで、NZというと自然が豊かで観光地や留学先としても人気があり、
しかも、ラグビーが強いというイメージしかなかった。
一度行ってみたいな、イギリスより物価が安いかなと思っていた。
けれど、イギリス文化の影響はあまりないということは意外だった。

日本文化に興味を持ち、日本に来て、さらに色々なことを体験しているジェン。
日田にいて、なかなか住んでいるのまちの紹介ができないでいる自分。
他の文化の人と交流するときに、もう少し比較ができるようになっておかないと
せっかくの交流がもったいないと思えた。
[PR]
by uk-jp | 2011-06-17 11:52 | 都市景観・まちづくり

マケドニア食堂~トルコ食堂~アゼルバイジャン食堂へ

友人のブログが新しくなりました。

アゼルバイジャン食堂

マケドニア食堂からはじまり、トルコ食堂へうつり、そして、今回は、アゼルバイジャン食堂。
どんなメニューになるのか楽しみです。

元気そうで何よりです。
[PR]
by uk-jp | 2011-06-15 15:55 | お知らせ

日田ラボが大分合同新聞に掲載されました!

日田ラボが大分合同新聞に掲載されました!

2011年6月12日(日)日田玖珠版に、日田ラボ開所の様子を含め、
日田ラボについての記事が掲載されました。
b0061732_16215733.jpg


その他、日田のケーブルテレビKCVのおはなしプラザでも放送されています。
藤原惠洋先生と事務局へのインタビューの様子が・・・・。

~お知らせ~
2011年6月16日(木)NHK「爆笑問題のニッポンの教養」
FILE148:「万国『イケ面』博覧会」に小谷野哲郎さんが出るそうです。
小谷野さんには、今秋、日田でバリ舞踊の公演をしてもらおうと計画中です。
お楽しみに!

小谷野哲郎プロフィール
東海大学音楽学課程在学中よりバリ島のサウンドスケープ研究の傍ら、バリ舞踊を始める。同大学院芸術学研究科修了後、1995年よりインドネシア政府給費留学生(ダルマシスワ)としてインドネシア国立芸術高等学院(STSI)デンパサール校舞踊専攻科に留学。学外でもA.A.グデ・オカ・ダラム氏、イ・マデ・ジマット氏、I.B.オカ・ワルジャナ氏、イ・マデ・シジャ氏ら、現代バリ舞踊界における人間国宝級の舞踊家達に師事し、舞踊技術の研鑽を積むと同時に精神的哲学的影響も強く受ける。バリ島各地のガムラングループと共に舞踊の奉納公演に多数参加。
帰国後、日本では前例のない、プロの男性バリ舞踊家として活動を開始。現在までも唯一の男性プロバリ舞踊家であり、仮面舞踊を中心として、伝統の技術に裏付けされながらも現代的な、自由で幅広い活動を展開している。中でも半仮面を使って喋り、歌い踊るものは、そのキャラクターの多彩さ、濃さと相まって特に人気が高く、それのみでMCなどの要望が入ることも数多い。指導者としても、劇団四季やその他の劇団、個人などを多く指導している。

彼の呼びかけにより結成された日本人のガムラングループ「ウロツテノヤ子」とともに活動することも多い。

「ウロツテノヤ子」
バリ舞踊家小谷野哲郎の呼びかけにより、亜細亜大学ガムラン研究会卒業生を中心としたメンバーで2002年10月に結成される。「日本人」ながら「バリ」の音楽を演奏するという文化のクロスオーバーを逆手に取り、「バリ」や「民族音楽」の枠組みを超えた、 ジャズやロックのように一般に広く受け入れられる音楽の創造を続けている。その枠組みにとらわれない自由な発想による活動は、日本のみならずバリにおいてすらも前例のない、唯一無二のもの。話題が話題を呼び、現在日本で最も若くアクティブで、そして唯一のプロ・ガムラングループである。
ガムランバンド『ウロツテノヤ子』blog
[PR]
by uk-jp | 2011-06-14 16:20 | 日田ラボ

月刊杉WEB版に日田ラボが掲載されています!

最近、なにかと縁ができた「日本全国スギダラケ倶楽部」。
ここの月刊杉WEB版に日田ラボ登場です。

しかも、巻頭特集は、九州大学大学院の藤原惠洋教授の記事。
特 集 デザインサーベイから見える風景
手考足思・建築探偵・路上観察・世間再生そして小さな物語の聞き手として

そして、千代田健一さんの「スギダラな人々探訪/第53回」に日田ラボが紹介されています。
一部、私の文章も掲載されています。

今回の掲載文章も、ほんの数行しか書けませんでした。
私達が日田ラボで何をしようとしているのか?
現在、なにをやっているのか?
シタンキャで日田ラボをやるのはなぜなのか?
もともと、日田という地域は何なのか?
知っているようで知らない。
知っていてもわざわざ誰かに伝えようとしない。
ほかの地域の方から「日田は、本当に素晴らしい」とか「日田は活気があっていいね。」と
言われるけれど、イマイチ実感がない。

イベントでも、日田ラボの取り組みでも、人に伝えようとするには、
客観的に自分達を見つめないと見えてこないものがあります。
そういう作業は、とても苦手です。

今回の紹介文も大幅な加筆修正のお手伝いしてもらいながら、完成しました。
その紹介文に負けないように、取り組んでいきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。

◆Q大日田ラボ+まちそだて交流機構・日田ラボのスケジュール◆

6月18日(土)午前10時~
 第3回ご隠居カフェまちづくり交流研究会

 多世代参加型のまちあるき+路上観察+世間遺産踏査
 ひたのまちを歩いてみよう!見つめてみよう!
 歩いてみると今まで知らなかったコトやモノやヒトに出会えるかも!
6月29日(水)午後 7時~
 第4回ご隠居カフェまちづくり交流研究会

 「まちづくり資源としての文化財から文化資源へ
  ~旧横尾家 下ん隠居家を事例として」
7月13日(水)午後 7時~
 第5回ご隠居カフェまちづくり交流研究会

 「欧州世界を蘇らせる創造都市の魅力」
8月 3日(水)午後 7時~
 第6回ご隠居カフェまちづくり交流研究会

 市民参加型まちづくりワークショップの原理と手法を学ぶ-1」

日程は、都合により変更になる場合がございます。
参加料/無料

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
◆日田ラボの場所/
 「旧横尾家 下の隠居家(シタンキャ)」
  日田市三和天神町252 ※旧街道沿いの建物です。(天神郵便局斜め向かい)
◆主催・お問い合せ
 Q大日田ラボ/九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室
  電話・FAX 092-553-4529
  keiyoあっとまーくdesign.kyushu-u.ac.jp
 まちそだて交流機構・日田ラボ/タカクラ 090-2395-4593
  kako3あっとまーくlime.ocn.ne.jp
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[PR]
by uk-jp | 2011-06-10 11:08 | 日田ラボ

技術・市場交流プラザ日田6月例会

技術・市場交流プラザ日田6月例会

梅雨に入りました!
いかにも梅雨!というお天気に恵まれ、6月例会スタートです。

まず、前回の振り返り・・・・・
1.研修先に九州新幹線+JR九州の方のお話を聞こう!
  →本年度実行の計画で、「研修委員長」に小埜和治君が就任。
   アドバイザーの千代田健一さんに協力してもらい、計画を進めていきます。
2.隈町をはじめ、市内に案内看板が少ない!日田らしく、わかりやすく目にとまるような木製看板を作成してみては?
  →この案について、各自6月の例会までに自分なりに気づいた看板・目にとまった看板の写真・アイデアイラストをまとめておくこと。という宿題がでました。

今回の例会
◆隈町の木製案内看板製作について
 (1)合谷さんのデザイン案
   なんとデザインラフ案が!しかも4案!
   デザインは、ソーラーパネルをつけたもの、小鹿田焼きのプレートを活用したものなど。
   内容は、隣近所案内仕様のものと、周辺地図まで含んだもの
 
 (2)緒方万貴さんの気になった看板
   国道386号線沿い(グリーン石油とセブンイレブン前にある看板)
   木を模したデザインで、日田らしさを出していると思われるが、車からだと目立たず。
   その他、祇園会館前の周辺案内板など

 (3)事務局より全国のサイン集
   木材(杉)を取り入れたものもある。(吉井町など)
   また「木」を取り入れようとすると「江戸時代のかわら版」的なデザインになってしまうのは残念な例。

 (4)アドバイザー千代田さんより
   世界サイン紀行
   ホームページより
   街の造形物の中でサインは特別な存在です。商業サイン、案内サイン、交通サインと種類もいろいろありますが、それらには目的があり、情報媒体としての使命があります。
  美しいサイン、ユーモアのあるサイン、その国ならではのサインに出会うことは嬉しいものです。都市の風景に溶け込み、都市の表情に潤いをもたせたサインに出会えば心が満たされます。
  サインのほかにも街の風景をつくり上げる構成要素としての物たちはいろいろあります。ベンチや街灯にポスト、電話ボックス、ゴミ箱やマンホールの蓋にいたるまで。
  その物づくりに込められたデザイナーの造形精神や職人の心意気、ひいては形体に現われた民族性や歴史までを読み取ることは楽しいことです。
  このページでは私が出会ったそれらのサインと物たちのご紹介をいたします。
   
   日本全国スギダラケ倶楽部で取り組んだ事例を紹介
   ◆杉やねん関西
b0061732_15181271.jpgb0061732_15183896.jpg
b0061732_1518211.jpg
b0061732_15183118.jpg

b0061732_15184541.jpg

   このゴミステーションは、近所の奥さんに「作ってほしい」と言われ、作成したもの。
   作り方によっては、とてもオシャレに見える。
   サイン・看板にとらわれず、ゴミステーションなど必要なモノから「杉」を使用していくのは、どうだろうか?

   ◆日南飫肥杉大作戦(油津の商店街)
   b0061732_15192360.jpgb0061732_15193614.jpg



















   「格子混同」←公道と私有地の両方に置かれた格子だから
   杉板に思い思いに書かれた俳句や川柳。
   たった、これだけでもイイ。
   店先に「■■販売中」「■■あります」「営業中」でも何でもいいから、おいてみるのもポイント。
 
   さきほどの小鹿田焼きなど地元の素材を使っていくのはとてもユニークだと思う。
   プレート・タイルを作ることが可能か、みんなで手作りするのはどうだろうか?など話をしてみるのも面白い。
   1つでも作っていて、じわじわと増殖してくと「お?何かやってるな?」と思われる。
   まず、興味を持って貰うことが重要。

【まとめ】
 次回7月5日(火)の例会までに、まちの中にはどんなサインがあるか、どんなサインが必要か(サインに限らず、ゴミステーションもチェック)、どんなところに設置が可能かを調べてマップに落とし込む必要がある。
 というわけで、6月20日(月)16時~隈地区をサイン+ゴミステーションチェックを中心に調査します。
 7月5日の例会で、どこになにが必要かをみんなでチェックして、デザイン→作成!
 希望!7月の祇園祭。(ムリか?難しいか??)チャレンジ。


◆技術・市場交流プラザ日田とは?
異業種で交流しながら、新規事業の企画・技術や商品の開発などを行っています。
これまでに開発したもの
日田あかり「ひのき」・豆田ぽてと・介護用応接車いすなど

今年度の助言者は、うえやまとし氏(漫画家・作品 クッキングパパなど)
アドバイザーは千代田健一氏(株式会社パワープレイス、日本全国スギダラケ倶楽部)
モノづくりや人との交流などをメインに活動を展開しています。

ご興味ある方は、日田商工会議所 プラザ日田事務局(0973-22-3184)までどうぞ。
[PR]
by uk-jp | 2011-06-09 15:40 | プラザ日田
line

いろんな毎日


by uk-jp
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30