雨の日と晴れの日と曇りの日

rainfain.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:プラザ日田( 36 )

大分県異協セミナー開催!

技術・市場交流プラザ日田は、「大分県異業種団体協議会(大分県異協)」に参加しています。
今回は、県異協主催のセミナー開催にあたり、JR九州の津高部長に講演をお願いしました。
お忙しい中、快く引き受けてくださいました。
b0061732_19130100.jpg


演題は「JR九州における地域密着の取組と大分駅周辺の開発について」

冒頭「JR九州のこれまでの取組をぜひ、みなさんに知って欲しいと思います。終わってみてJR九州の宣伝やったやん!と言われるかも知れません。その通り!JR九州のPRと思ってしゃべりますので、どうぞよろしく。」
と、津高部長の大阪弁ではじまりました。

b0061732_1944324.jpg

b0061732_195138.jpg


JRは、ご存じの通り、旧国鉄から民営化され、現在にいたります。
なんとJR九州のグループ会社は30数社にのぼり、グループ全体の売上では、
JRの鉄道部分よりもかなり多くなっています。
しかも、博多港と釜山を結ぶ「ビートル」もJRグループ。
韓流ブームやウォン安など、日本から釜山へ向かう旅行客も多いのですが、
韓国からのお客様も大勢いらっしゃるのだとか。
今年は、震災の影響もありましたが、最近は徐々に回復傾向にあるようです。

さて、そんなグループ会社の話も盛りだくさんありましたが、
何と言っても「JR九州の鉄道!」です。
JR日向市駅の駅舎のすばらしさは、ぜひぜひみなさんに知って欲しいトコロ。
(今回の参加者の中には、日向市駅を知っている方は少なかったです・・・)
さらにさらに、「SL人吉」、「いさぶろう・しんぺい・」、「はやとの風」、「海幸山幸」、「ゆふいんの森号」などなど、「乗るだけで楽しい!」車輌が沢山あります。

実は、この車輌(ゆふいんの森号以外)は、古い車輌をリニューアルして蘇ったモノなのです。
車輌デザインはおなじみの水戸岡 鋭治さん。
それだけでも、ステキなデザインなのですが、
津高部長いはく、
 それだけでは、ダメなんです。
 地元の方が、この車輌をここで走らせたい。ここで蘇らせたい。と思うことが必要なんです。
 その為に、それぞれに地元の方達が、本当によくやってくれました。
 駅舎の椅子ひとつにしても、地元の方との協働作業です。
 もちろん、日向市駅もかなりの年数をかけて、市民の方がどんなまちにしたいかということを
 話し合った結果なのです。

ぜひ、この車輌に乗って九州を巡りたい!と思いました。

また、10月8日運行開始の熊本~三角を結ぶ「A列車で行こう!」の話では、
「JR九州では、天草=キリシタン・南蛮文化とプレゼン用にありますが、甘いですね。
天草には、天草陶石という素晴らしい石があって、この石は日本の陶磁器文化を支えているんです。
そういう宝が天草には、あるんですよ。」
って、日本全国スギダラケ倶楽部会員ならでは!です。
(日本全国スギダラケ倶楽部+九州大学藤原惠洋研究室では、7月に天草高浜FWを開催)

b0061732_19235232.jpg

b0061732_1924442.jpg


今回のセミナーでは「JR大分駅どうなるの?」ということが気になる方が多いということもあって、
津高さんも「言える範囲で」ということで、話をしてくれました。
実は、大分駅は、九州の駅の中では利用客が多い(第4位)
しかし、ここ数年、中心市街地より郊外ショッピングセンターに客足はとれている。
その中で、今回の高架事業はどのくらいの影響があるのか。
まだ、工事に時間はかかりますが、博多駅・鹿児島駅・長崎駅を比較しながら、
大分駅の利用増加、さらに、中心部へ客足がもどってくるのではないか
という話でした。
どちらにしても、中心部も郊外も、お客様を取り合うのではなく、
「大分」にたくさんの方が来られるように、「大分駅」も「大分のまち」も魅力あるものにしていきたいとのことでした。

おまけに
大分支社がこの事業に伴い、新たに高架スペースを利用して作られます。
そのデザインが楽しみです!!
[PR]
by uk-jp | 2011-10-03 19:44 | プラザ日田

プラザ日田 2011年8月の例会

技術・市場交流プラザ日田は、「隈町の看板」をテーマに取り組んでいます。

6月に、身近な看板や気になる看板の事例を出し合いました。
そこで、実際に隈町はどうなっているのだろうか?という調査に行きました。
6月20日(月)と7月5日(火)

▼亀山公園から庄手川を望む。
b0061732_957670.jpg


▼紺屋町の看板がかかっています。
b0061732_9575811.jpg


▼亀山亭さんの駐車場脇。小さな鳥居を発見。
b0061732_959825.jpg


▼みくまホテルさん前のバス停。実は、樹齢百年?の木が使われているのだそう。
b0061732_9594828.jpg


▼山田たばこ屋さん。古い造りが、ステキです。しかし、維持するのは大変。
b0061732_1003867.jpg


▼天領酒場三丁目さん。元ヤマニさん。レトロな雰囲気になっています。
b0061732_1013754.jpg


▼祇園会館角。猿田彦が祀られています。祇園会館への案内看板が、少し気になる。
b0061732_1024191.jpg


▼三隈川の夕暮れ。風情があっていい雰囲気です。
b0061732_1033763.jpg


このほか、庄手川に通じる小径や隈町公園など、細々と見て回りました。
何度歩いても、結構楽しめます。

プラザ日田の会員で、
どんな看板が必要か?そもそもその看板は誰に向けて?などディスカッションしました。
豆田町は伝建地区指定以降、規制があるということも手伝って、
統一感がでてきています。
隈町は、まだそういう統一感はありません。
しかし、古い蔵や三隈川河畔など、見どころは意外とあります。

小さなアイコン看板を作成して軒先にぶら下げてみては?
杉の格子ディスプレイを作ってみよう!
など、いくつか提案がでましたので、次回の例会までに図面を作成し、
実際に手作りしてみよう!ということになりました。

「邪魔にならずに、コッソリ・・・しかし気になる」な雰囲気を目指して。
また、隈町をぷらぷら歩けるマップとの連動も検討していきます。

次回、プラザ日田の例会は
9月6日(火)の予定です。
[PR]
by uk-jp | 2011-08-10 10:10 | プラザ日田

技術・市場交流プラザ日田6月例会

技術・市場交流プラザ日田6月例会

梅雨に入りました!
いかにも梅雨!というお天気に恵まれ、6月例会スタートです。

まず、前回の振り返り・・・・・
1.研修先に九州新幹線+JR九州の方のお話を聞こう!
  →本年度実行の計画で、「研修委員長」に小埜和治君が就任。
   アドバイザーの千代田健一さんに協力してもらい、計画を進めていきます。
2.隈町をはじめ、市内に案内看板が少ない!日田らしく、わかりやすく目にとまるような木製看板を作成してみては?
  →この案について、各自6月の例会までに自分なりに気づいた看板・目にとまった看板の写真・アイデアイラストをまとめておくこと。という宿題がでました。

今回の例会
◆隈町の木製案内看板製作について
 (1)合谷さんのデザイン案
   なんとデザインラフ案が!しかも4案!
   デザインは、ソーラーパネルをつけたもの、小鹿田焼きのプレートを活用したものなど。
   内容は、隣近所案内仕様のものと、周辺地図まで含んだもの
 
 (2)緒方万貴さんの気になった看板
   国道386号線沿い(グリーン石油とセブンイレブン前にある看板)
   木を模したデザインで、日田らしさを出していると思われるが、車からだと目立たず。
   その他、祇園会館前の周辺案内板など

 (3)事務局より全国のサイン集
   木材(杉)を取り入れたものもある。(吉井町など)
   また「木」を取り入れようとすると「江戸時代のかわら版」的なデザインになってしまうのは残念な例。

 (4)アドバイザー千代田さんより
   世界サイン紀行
   ホームページより
   街の造形物の中でサインは特別な存在です。商業サイン、案内サイン、交通サインと種類もいろいろありますが、それらには目的があり、情報媒体としての使命があります。
  美しいサイン、ユーモアのあるサイン、その国ならではのサインに出会うことは嬉しいものです。都市の風景に溶け込み、都市の表情に潤いをもたせたサインに出会えば心が満たされます。
  サインのほかにも街の風景をつくり上げる構成要素としての物たちはいろいろあります。ベンチや街灯にポスト、電話ボックス、ゴミ箱やマンホールの蓋にいたるまで。
  その物づくりに込められたデザイナーの造形精神や職人の心意気、ひいては形体に現われた民族性や歴史までを読み取ることは楽しいことです。
  このページでは私が出会ったそれらのサインと物たちのご紹介をいたします。
   
   日本全国スギダラケ倶楽部で取り組んだ事例を紹介
   ◆杉やねん関西
b0061732_15181271.jpgb0061732_15183896.jpg
b0061732_1518211.jpg
b0061732_15183118.jpg

b0061732_15184541.jpg

   このゴミステーションは、近所の奥さんに「作ってほしい」と言われ、作成したもの。
   作り方によっては、とてもオシャレに見える。
   サイン・看板にとらわれず、ゴミステーションなど必要なモノから「杉」を使用していくのは、どうだろうか?

   ◆日南飫肥杉大作戦(油津の商店街)
   b0061732_15192360.jpgb0061732_15193614.jpg



















   「格子混同」←公道と私有地の両方に置かれた格子だから
   杉板に思い思いに書かれた俳句や川柳。
   たった、これだけでもイイ。
   店先に「■■販売中」「■■あります」「営業中」でも何でもいいから、おいてみるのもポイント。
 
   さきほどの小鹿田焼きなど地元の素材を使っていくのはとてもユニークだと思う。
   プレート・タイルを作ることが可能か、みんなで手作りするのはどうだろうか?など話をしてみるのも面白い。
   1つでも作っていて、じわじわと増殖してくと「お?何かやってるな?」と思われる。
   まず、興味を持って貰うことが重要。

【まとめ】
 次回7月5日(火)の例会までに、まちの中にはどんなサインがあるか、どんなサインが必要か(サインに限らず、ゴミステーションもチェック)、どんなところに設置が可能かを調べてマップに落とし込む必要がある。
 というわけで、6月20日(月)16時~隈地区をサイン+ゴミステーションチェックを中心に調査します。
 7月5日の例会で、どこになにが必要かをみんなでチェックして、デザイン→作成!
 希望!7月の祇園祭。(ムリか?難しいか??)チャレンジ。


◆技術・市場交流プラザ日田とは?
異業種で交流しながら、新規事業の企画・技術や商品の開発などを行っています。
これまでに開発したもの
日田あかり「ひのき」・豆田ぽてと・介護用応接車いすなど

今年度の助言者は、うえやまとし氏(漫画家・作品 クッキングパパなど)
アドバイザーは千代田健一氏(株式会社パワープレイス、日本全国スギダラケ倶楽部)
モノづくりや人との交流などをメインに活動を展開しています。

ご興味ある方は、日田商工会議所 プラザ日田事務局(0973-22-3184)までどうぞ。
[PR]
by uk-jp | 2011-06-09 15:40 | プラザ日田

いよいよプラザ日田も年度末!

技術・市場交流プラザ日田は、3月でいったん、事業を総括します。

今年度のシメは、アドバイザーの藤原惠洋先生のお話!
これまで長年、プラザ日田のアドバイザー・助言者として関わって来られた先生の視点から、
日田への様々なお話をしていただきます。

日時 3月10日(木) 12時30分~
場所 日田商工会議所

先生のお話にご興味のある方は、ぜひぜひお越し下さい!
[PR]
by uk-jp | 2011-03-07 17:57 | プラザ日田

平成22年度 大分県異業種団体協議会成果報告研究会

平成22年度 大分県異業種団体協議会成果報告研究会が開催されました!
b0061732_1420861.jpg

b0061732_14204990.jpg

大分県内の各異業種交流グループが集まり、
異業種交流や中小・零細企業の動向などの講演や、
その年の成果を報告したり、情報交換をする会です。

基調講演では、
九州経済産業局
地域経済部地域経済課長 松田一也氏のお話でした。

最近は、なかなか異業種交流までをやろう!という余裕が無いのか、
全国的にも交流会の数は減少傾向にあるとのこと。
しかし、その中でも参加企業が増えている県などもあり、
一概に「異業種交流の時代は終わった」というものでもなさそう。
なかには、異業種の分野で活躍し、売上を伸ばしたという事例もあり、
とても興味深いものでした。

後半、各グループによる成果報告+今後の異業種交流(真・連携)について
パネルディスカッション形式で進みました。
プラザ日田は、「例会」で聞いた講演会の話や「カフェぷらざのぷプロジェクト」についてなど、
一年間の活動を報告しました。
コーディネーターの松尾教授のアドバイスは
「異業種交流や中小零細で新技術を開発しようとする際、きっと役に立つ!という思いのみで
進みコトが多いのですが、実は需要とl供給のバランスがとれてなくて、
開発後、売れないなどの問題があります。市民・エンドユーザーの声を聞くことは、
とても大切です。」というものでした。

今後の大分県異業種にも
大注目ですよ!!!!!
[PR]
by uk-jp | 2011-02-15 14:26 | プラザ日田

本日のプラザ日田

b0061732_19403713.jpg

b0061732_19403797.jpg

b0061732_19403768.jpg

2月のプラザ日田は、
守り残すことが創造していくこと

と題して
YO設計の養父信義氏
原田左研の原田進氏にお話をお伺いしてます。


伝建地区の話や、
技術を継承していく話。

自然には勝たない
自然のものを使う
日本の技術は、すごい。
素晴らしい。

その二人が日田にいるってすごい。

やっぱり日田。
あなどれない。
[PR]
by uk-jp | 2011-02-10 19:40 | プラザ日田

今後のプラザ日田の予定

●2月10日(木)18:00~
 プラザ日田2月例会!!
 養父さん+原田進さんのお話
 今回は日田のみならず、わが国の歴史的町並み保存界に大きく貢献してきた日田在住の建築家・左官職人のお二人に「守り残すことが創造していくこと」という意外な観点からの実践体験のお話をいただく予定です。
専門的なテーマにもかかわらず、豆田町が現在の観光拠点になっていった背景や謎解きも含まれた興味しんしんのお話が満載、しかも今回はアドバイザー藤原惠洋先生に総合的な聞き手をしていただくことになってますので、わかりやすく、親しみやすい町並み保存の仕組みが紹介されることと思います。
さらに講演終了後は新年初めての懇親会を開催いたしますので、万障お繰りあわせのうえ奮ってご参加下さい。
※懇親会にも参加したい場合は、事務局(日田商工会議所)へ事前の申込が必要です!

●2月14日(月)14:00~19:30
 大分県異業種団体協議会成果報告研究会
 第一ホテル(大分駅前)にて開催されます!!
※大分県内の異業種グループの成果報告と
 九州経済産業局地域経済部地域経済課長 松田一也氏の基調講演です。

●3月10日(木)12:00~
 プラザ日田3月例会!!
 藤原惠洋先生の最終講義です!!

お楽しみに!!
[PR]
by uk-jp | 2011-01-19 15:18 | プラザ日田

プラザ日田例会

b0061732_1310498.jpg

b0061732_13104973.jpg

b0061732_131049100.jpg

本日のプラザ日田の例会は、

ひた宝さがし実行委員会
プロジェクトリーダー
大塚智さんのお話

頑張れリーダー!!

リーダー素敵です!!
[PR]
by uk-jp | 2011-01-13 13:10 | プラザ日田

来月のプラザ日田例会は

いよいよ年末ですね。
みなさま、いかがお過ごしですか。

来月の技術・市場交流プラザ日田の例会は
1月13日(木)12時~
今回も講演会+藍蟹堂の部屋です。

講演会は、
ひた宝さがし プロジェクトリーダー
大塚智さん

テーマは、「ひた宝さがしプロジェクトから学ぶもの」です。
大塚さん!頑張って下さい!!
講演会は12時45分くらいからです。
日田商工会議所です。

2月の例会もお楽しみに!!
2月14日に成果発表会があるとかないとか。

こちらも、いよいよ年度末まで大詰めです。
[PR]
by uk-jp | 2010-12-29 16:55 | プラザ日田

ただいま、プラザ日田例会中

b0061732_18395838.jpg

b0061732_18395863.jpg

b0061732_18395862.jpg

ただいま、プラザ日田の例会にて
日本全国スギダラケ倶楽部本部広報宣伝部長
千代田健一氏の講演中。
[PR]
by uk-jp | 2010-12-15 18:39 | プラザ日田
line

いろんな毎日


by uk-jp
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31