雨の日と晴れの日と曇りの日

rainfain.exblog.jp ブログトップ

絵巻物語ワヤンベベル公演in千年あかり!

九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室+まちそだて交流機構 日田ラボ
にバリ舞踊がやってきます!

<日田における文化資源を活かした地域づくりの実践提案>
~日田の文化資源を活かし、異文化との交流により芸術創造への意識を育む~
と題して、千年あかりが行われる時期にワヤンベベル公演を開催!
b0061732_15215681.jpg

b0061732_15221130.jpg

【絵巻物ワヤン・ベベル「スタソーマ」公演とは・・・・】
ワヤン=絵芝居。
ベベル=繰り述べる・拡げる。
ワヤンベベルとは、その昔、インドネシア・ジャワ島にあった絵巻物芝居です。
はっきりした記録はないのですが、6~7世紀には既に上演されていたのではないかと言われています。
幅60cm~1m、長さ10~30mの絵巻物を、一場面ごとに拡げていきながら、物語を語っていきます。
語りの伴奏にガムラン音楽が入ります。
その後、インドネシアではワヤンクリット(影絵芝居)が一般的に広まったことなどで、
現在はほとんど上映されることがありません。
現在、ジャワ島には、8体の本物の絵巻物が確認されています。
語り手は現在2名の方を残すのみとなりました。
b0061732_15222522.jpg

b0061732_1522374.jpg

b0061732_15224880.jpg


【公演+ワークショップのスケジュール】
10月29日(土) 14:00 大阪音楽大学音楽博物館アートミュージアムコンサート出演
                 バリ絵巻ワヤン・ベベル「スタソーマ」
11月4日(金) 18:30~ 本渡町銀天街まちなかギャラリーにて公演
                  ワンドリンク+おつまみ 1000円チ
ケット
11月6日(日) 18:00~ 水俣 愛林館公演
                  前売り2000円
                  当日 2500円(※高校生以下無料)

11月7日(月) 夜 菊池市隈府上町能場にて公演
11月9日(水) 夜 日田ラボにてミニ公演
11月10日(木) 日田市内小学校にてワークショップ
11月11日(金) 18:00~ ワヤン・ベベル「スタソーマ」in千年あかり(明王寺)公演

【出演者紹介】
◆小谷野哲郎(こやのてつろう)/語り・仮面舞踊
インドネシア政府給費留学生としてバリに留学後、プロのバリ仮面舞踊家として活動。
バリ芸能集団「ウロツテノヤ子」を結成しバリ舞踊やガムランを使いつつ、ジャンルを超えて国内外で様々なアーティスト達との活動を展開。
2006年にAsian Cultural Councilの助成で渡米後には影絵を通じての地域社会への貢献など、様々な可能性を追求している。
個人としても「パパ・タラフマラ」などの他グループへの客演も多い。
また、日本インドネシア芸術文化交流オフィス「ジュクン・ミュージック」を立ち上げ、バリの伝統芸能を支援するためのプロジェクトを手がけるなど、日本インドネシア文化交流のキーマンとしても注目されている。
b0061732_15184028.jpg


◆デワ・スギ(I Dewa Nyoman Sugi)/
絵巻ワヤン・ベベル「スタソーマ」画家・ガムラン演奏
バリ島中部ポンゴセカン村の芸術一家に生まれる。
父は伝説的なガムラン奏者であり、画家。
兄弟か、はたまた日本の古い水墨画のようにも見えるデワ・スギの絵画。
伝統的バリ絵画の技法にのっとりつつも、それを解体し独自の感性の元に再構築した絵画は、むしろバリ島に古くから伝わる世界観や精神性を色濃く打ち出し、古典的な香りと斬新さが同居する、現代という時代の中で生み出された新しい伝統絵画として高い評価を得ており、現在バリで最も注目される画家のひとりとしてさらなる活躍が期待されている。
b0061732_15182849.jpg


◆デワ・ライ(I Dewa Putu Rai)/作曲・ガムラン演奏
デワ・スギの弟であり、幼い頃より演奏家として頭角を現し、特に古典曲の演奏に関しては伝説的なガムラン奏者であった父の血を最も濃く受け継いでいると言われている。
作曲家としても人気が高く、現在バリ島各地のグループからの依頼が後を絶たない。
兄達と共に結成したバリ屈指のガムラングループ「スダマニ」では音楽監督をつとめ、
日本のシンガーUAのレコーディングに参加するなど、その実力は国内外で高く認められている。
近年では「パパ・タラフマラ」の音楽を担当するなど活躍の場をさらに広げている。
b0061732_15185980.jpg


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
◆日田ラボの場所/
 「旧横尾家 下の隠居家(シタンキャ)」
  日田市三和天神町252 ※旧街道沿いの建物です。(天神郵便局斜め向かい)
◆主催・お問い合せ
 Q大日田ラボ/九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室
  電話・FAX 092-553-4529
  keiyoあっとまーくdesign.kyushu-u.ac.jp
 まちそだて交流機構・日田ラボ/タカクラ 090-2395-4593
  kako3あっとまーくlime.ocn.ne.jp
  hita-lab2011あっとまーくlime.plala.or.jp
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
[PR]
by uk-jp | 2011-10-17 15:32 | 日田ラボ
line

いろんな毎日


by uk-jp
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31